うわっ、高いよ!安くない最近の会計ソフト

汎用性は高いが価格がネック


最近の会計ソフトは機能性が高く、その影響で汎用性も必然的に高くなっています。しかしその反面、価格は高くなっている傾向にあります。ただし企業向け、個人事業者向けなどで会計ソフトの価格も相場が違うので、目的に合わせて選ぶことで場合によっては安くなります。 基本的な考え方として手間を省けたり、情報の保存などが会計ソフトのメリットとして捉える必要があります。なぜ必要なのか、そこを踏まえて選ばないと無駄に高い会計ソフトを買うことになるので注意が必要です。また多くのソフトはアップデートが前提となっています。そのため一度買えばしばらくは無料で使えるという利点があります。会計ソフトによっては無料でのアップデートが可能です。

image

有名ソフトが正しいとは限らない


有名な会計ソフトの価格は現代ではある程度は固定されてきています。そのため価格差はそれほど無いと見て良いです。逆に知名度の低い会計ソフトは価格の差がとても激しいです。格安のソフトもありますが、機能性はもちろん操作性や対応OSなどにも違いがあるため慎重に選ぶ必要があります。 オンラインで使える会計ソフトも多く、実質そちらの方が安いといったことも多いです。また無料でのお試し期間を設けている場合もあり、最初の1年のみ無料で使えるといったソフトも存在します。注意点として一度利用すると、他のソフトへの切り替えが面倒であるため結果的に最初に使ったソフトを長く使うといったことが多いです。そのため無料期間が終わった後に高いソフトを使うことになる可能性がありますね。