こんなこともできるんだ!最近の会計ソフトは最強

銀行口座のお金の出入りを自動記録!


会計ソフトは業務におけるお金の流れを簡単に記録できるソフトです。日常的な業務の記録はもちろん、確定申告前には強力な味方になります。 計算ミスが発生しにくいことが会計ソフトの強みですが、金額の入力が面倒なものです。しかし最近の会計ソフトでは、銀行口座の入金・出金を自動的に記録する機能もあることをご存じでしょうか。仕事で利用している銀行口座を会計ソフトに登録すると、自分で出金・入金したお金はもちろん、取引先からの入金(仕事の報酬)も自動的に記録できます。これにより、業務にまつわるお金の出入りが確認しやすく、確定申告の書類を作成するときも記載(入力)のミスを減らすことができるのです。使用する会計ソフトよって機能の差があるため、詳細はよく確認してください。

image

クラウド対応で使用端末を選ばない!


最近の会計ソフトでは、クラウド技術への対応が進んでいます。単純に説明すれば、ソフトの利用をインターネットのサイト上で行えるサービスです。そのため、インターネットに接続できるのであれば、OSや端末の制限がほとんどありません。パソコンでもスマートフォンでもタブレットでも使えますし、室内でも屋外でも問題ないのです。 これにより、会計情報の入力や閲覧を好きなときに行えます。また、会計データは基本的にインターネット上に保管されるため、手元の端末が故障したり、本体を買い替えたりしてもデータを入力し直す必要はありません。入力されたデータの保護や通信内容についてはセキュリティが確保されているので安心です。データを紙に印刷する機能は当然備えているので、確定申告などでも問題ありませんよ。